スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

pinkie

 ちょwまwwこれA面でもいいじゃんwww


 とりあえず投下。BGM消して聴いてね。





 歌詞 探すのめんどいので手書き。がんばりますた。
4/14修正 
未来の私が笑ってなくても あなたとの今を覚えてて欲しい

心の始まりは強すぎて 言葉じゃ間に合わなくて
足りないからどんどん足すから 怖くなって終わりにして
繰り返すことを疑わずに 失くすことを恐れずに
自分のじゃない物語も 端っこに隠れて笑った
そうしなきゃどうにも息が出来なかった
大して好きでもない手をつないだ毎日

あなたのためとは言えないけど
あなた一人が聴いてくれたらもう
それでいい

約束は誰かと作るもので 誰かが頑張り屋で
追いつけなくて離れて 自分だけがまだ持ってる
明日に望まなくなったのは 今日がその答えだから
全部あきらめて受け入れて でも端っこに隠して持ってる
滲んでも消えない一人見た桜
眠りの入り口で手をつないで見てる

変われなくっていつも戸惑うけど
誰か一人が認めてくれたらもう
それでいい

過去からの声は何も知らないから
勝手なことばかりそれは分かってる
未来の私が笑ってなくても
あなたとの今を覚えてて欲しい

心の始まりは脆過ぎて 言葉には嫌われて
何をどうしたって手遅れで 砕け散って終わりにした
終わりにしたら始まって 言葉も心も超えて
ささやかな響きになって さよならの向こうへ

変われなくっていつも戸惑うけど
誰か一人が笑ってくれたら僕は
これでいい

あなたのためとは言えないけど
あなた一人が聴いてくれたらもう
それでいい

未来のあなたが笑ってないなら
唄いかける今に気づいて欲しい
未来の私を思い出せたら
あなたとの今を忘れなくていい



 BUMP OF CHICKENの明日発売のNEWシングル『HAPPY』のB面だそうです。
不覚にも予約をし忘れたのでつべをウロウロしてたら発見。

 始めはストリングスやピアノからだったのでバラードかなって思ったんですけど2番から不意打ち。flybyみたいな感じです。特に2番のサビは鳥肌モノ。

 今までのBUMPにはない感じですね。。個人的にアルバムでは『ユグドラシル』が一番好きなので最近の曲は,先入観からあんまりだったんですが・・・こんなBUMPもいいですなぁ。てか大好き(´・ω・`)

 新たなBUMPの一面を見た気がします。


 もちろんA面もすばらしい曲ですよ。もう、歌詞も藤原節全開で。
恒例の隠しトラックは聴き終わった後、13分ほど放置すると流れるようです。ニコニコで聴いてきました。藤君がカオス。



 更に1週間後には魔法の料理~君から君へ~もリリース予定。みんなのうたの4~5月の曲なのですでに聴いたことがある人もいると思います。こちらのB面も楽しみですねぇ・・・



 遅くなりましたが、藤君31歳おめでとう!これからも頑張ってください。


追記に※返
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

ほら、今もゆれる白い花

俺のサブの名前、ましゅー以外だけどBUMPの曲名って知ってましたか?

英語にしたり感じにしたりしてますのでわかんなかったかも知れませんが

今回はサブたちの名前の由来になった曲を紹介していこうかと思います




まず、今のメインo春紫苑xは

ハルジオン



歌詞
虹を作ってた 手を伸ばしたら 消えてった ブリキのジョウロをぶらさげて 立ち尽くした昼下がり
名前があったなぁ 白くて 背の高い花 視界の外れで 忘れられた様に 咲いてた
色褪せて 霞んでいく 記憶の中 ただひとつ 思い出せる 忘れられたままの花

いつだったっけなぁ 傷を濡らした あの日も 滲んだ景色の中で 滲まずに 揺れてた
いつだったっけなぁ 自分に嘘をついた日も 正しいリズムで 風と唄う様に 揺れてた
いつの日も ふと 気付けば 僕のすぐそばで どんな時も 白いまま 揺れてた 誰のタメ? 何のタメ?
生きていく意味を 失くした時 自分の価値を 忘れた時
ほら 見える 揺れる白い花  ただひとつ 思い出せる 折れる事なく 揺れる

虹を作ってた 一度 触れてみたかった 大人になったら 鼻で笑い飛ばす 夢と希望
ところが 僕らは 気付かずに 繰り返してる  大人になっても 虹を作っては 手を伸ばす
幾つもの景色を 通り過ぎた人に 問う  君を今 動かすモノは何? その色は? その位置は?
夢なら どこかに 落としてきた  希望と 遥かな距離を置いた
ほら 今も 揺れる白い花  僕は気付かなかった 色も位置も知っていた

虹を作ってた いつしか花は枯れていた 視界にあるのは 数えきれない 水たまりだけ
大事な何かが 音も立てずに枯れてた  ブリキのジョウロが 涙で満ちてった・・・まだ
虹を作ってる すがる様に繰り返してる  触れられないって事も 知りながら 手を伸ばす
名前があったなぁ 白くて 背の高い花  枯れて解ったよ あれは僕のタメ 咲いてた
気付くのが 遅くて うなだれた 僕の目が  捕らえたのは 水たまりの中の 小さな芽 新しい芽

生きていく意味と また 出会えた 自分の価値が 今 生まれた
枯れても 枯れない花が咲く  僕の中に深く 根を張る
ほら ここに 揺れる白い花  僕は気付かなかった 忘れられていた名前

僕の中で揺れるなら
折れる事なく揺れる
揺るぎない信念だろう


とてもスピード感あふれる曲で、とても歌詞が深いです

いつもそばにある希望、夢とか忘れがちなものを見つめなおそう

そんな感じの曲なのかなぁ



お次は MelodyFlag彡 で

メロディーフラッグ



歌詞
疲れたら ちょっとさ そこに座って話そうか いつだって 僕らは 休む間もなく さまよった

目にも止まらない速度で 世界は明日へと向かう 響く鐘の音のような あのメロディーはなんだっけ

白い紐靴が ふと気付けば 土の色 こうやって いくつも お気に入りは汚れてった
何も無かったかの様に 世界は昨日を消してく 作り笑いで見送った 夢も希望もすり減らした

変わる景色に迷う時 微かな音が目印になる 消える景色のその中に とり残された時
響く鐘の音の様な あのメロディーはなんだっけ 昨日や明日じゃなくて 今を唄った歌

生きてきた分だけ 増えた世界が 作る迷路 その中で僕らは 目印を深く 突き刺した

どのくらい遠く離れたの? いつから独りに慣れたの?
風に揺れる旗の様な あのメロディーを思い出して

そこで涙をこぼしても 誰も気付かない 何も変わらない 少しでも そばに来れるかい? すぐに手を掴んでやる
風に揺れる旗の様な あのメロディーを思い出して 遠い約束の歌 深く刺した旗


全てが形を 変えて 消えても
その耳を 澄ましておくれ
涙目を 凝らしておくれ

響く鐘の音の様な ホラ
風に揺れる旗の様な

あのメロディーはなんだっけ? 思い出して

僕らは嫌でも明日を迎えて いつかは昨日を忘れる そして 今 君の手を 掴む為のメロディーフラッグ
そこで涙をこぼしても 景色は変わり そして消えてく 少しでも そばに来れるかい? 必ず見つけてやる
変わる景色に迷う時 微かな音が確かに響く 消える景色のその中に 消せない旗がある

ここで 今 君の手を 掴む為のメロディーフラッグ
遠い約束の歌 深く刺した旗



この曲はBUMPのメンバーの一人が記憶喪失になってしまったときにその人に贈った歌だそうです

この曲を聴いた後そのメンバーは記憶を取り戻すことが出来たそうです


ここで言う『旗』『メロディー』は記憶のこと

あのメロディーを思い出して

のところなんかまんまですね
音楽によって刻まれた記憶 そんな感じでしょうか

ううん、深い。。。



お次、彡Flyby彡 
ホントはFlyby彡がよかったんだけど使われてて囲まざるを得なかった可哀想な子pq

flyby



歌詞
ワタシハ ドンナニ離レテモ イツダッテ僕ノ 周回軌道上
アナタハ ドンナニ離レテモ イツダッテ君ノ 周回軌道上

応答願ウ
心ノ裏側ヲ グルリト回リ戻ッテキタ
flyby 距離ハソノママデモ 確カニスグ側ニ居タ
バイバイ 忘レテモ構ワナイ 忘レナイカラ
応答願ウ ズット 応答願ウ
教エテモラエタ 声ヲ乗セテ メロディーヲ送ル

○月×日
本日モ通信試ミルガ 応答ハ無シ
アナタハ ドンナニ離レテモ 君ノ心ノ 周回軌道上


flybyとは宇宙船や探査衛星などが天体に接近し通過していくこと

この曲と対になっているvoyagerは探査衛星ボイジャーのこと
ボイジャーは惑星の探査の為に打ち上げられ、今も宇宙をさまよい続けています

このボイジャーが木星に接近したのは1979年

1979年はBUMPのメンバーの生まれた年

voyagerは一定のリズム、曲調なのですがflybyは中盤になるとアコースティックのアルペジオからギター、ベース、ドラムが加わり終盤になると静かな曲調に戻っていく

考えてみるととても切ない曲ですね



最後はSnowSmile乂で

スノースマイル



歌詞
冬が寒くって本当に良かった 君の冷えた左手を
僕の右ポケットにお招きする為の この上ない程の理由になるから
「雪が降ればいい」と口を尖らせた 思い通りにはいかないさ
落ち葉を蹴飛ばすなよ今にまた転ぶぞ 何で怒ってるのに楽しそうなの?

まだキレイなままの雪の絨毯に 二人で刻む足跡の平行線
こんな夢物語叶わなくたって 笑顔はこぼれてくる

雪の無い道に

二人で歩くには少しコツがいる 君の歩幅は狭い
出来るだけ時間をかけて景色を見ておくよ 振り返る君の居る景色を

まだ乾いたままの空のカーテンに 二人で鳴らす足音のオーケストラ
ほら夢物語叶う前だって 笑顔は君がくれる

そんなのわかってる

まだキレイなままの雪の絨毯に 二人で刻む足跡の平行線
そうさ夢物語願わなくたって 笑顔は教えてくれた

僕の行く道を

君と出会えて本当に良かった 同じ季節が巡る
僕の右ポケットに しまってた思い出は やっぱりしまって歩くよ

君の居ない道を




BUMPにしては珍しいストレートなラブソング

雪の降り積もった道を歩き、幸せを確かめ合う2人
キレイなコーラスが入るラストパートでは少し切ないですね






コメ返
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

BUMP曲追加だよん

ちゃっす INできない代わりに更新更新

今日はBUMPの曲増やしてきましたy-
主に『orbital period』からですね
まァ最新っちゃ最新のアルバムですけど。。。
最近曲出してませんからねぇ^^;

追加した曲は 

1.flyby
2.ハンマーソングと痛みの塔
3.飴玉の唄
4.メーデー
5.ひとりごと
6.カルマ
7.arrows
8.supernova
9.プラネタリウム

ですねw

1番好きなのはハンマーソングですかね
力強い歌声が好きですね
自分と重なる部分もあるような気がします


     歌詞~っと

ハンマーソングと痛みの塔

小さい文字どんどん強くもっと強く
唄声響く痛みの塔
そのてっぺんにしがみついて
震えているのはどちら様

捨てたくても捨てられなくて
小さな痛み溜まってた
そいつをずっとしまってきた
一個目の箱満たされた

別に今更辛くもないけど
誰かが見てくれたらな
これだけあれば許されないかな
少し優しくされるくらい

捨てたものを拾って詰めて満タンの箱持ち上げた
通りすがりを横目に見て十個目の箱積み上げた

そうかこれでもまだ足りないのか
誰にも見えてないようだ
それじゃどんどん高くしなくちゃ
世界中にも見えるくらい

どんどん高くもっと高く
鳥にも届く痛みの塔
そのてっぺんによじ登って
王様気分の何様

何事かと大口開けたやじ馬共を見下ろした
ここからみたらアリの様だ百個目の箱積み上げた

お集まりの皆様方これは私の痛みです
あなた方の慰めなど届かぬほどの高さに居ます

きっと私は特別なんだ誰もが見上げるくらいに
孤独の神に選ばれたからこんな景色の中に居た

どんどん高くもっと高く
雲にも届け痛みの塔
そのてっぺんにあぐらかいて
神様気分の王様

聞こえるのは風の音だけ千個目の箱積み上げた
下を見たら目眩がした掛けた梯子飛ばされた

そして本当に寂しくなった 
誰にも見えてないようだ
声も出ないほど怖くなった 
ふいに聴こえたハンマーソング

下から順にダルマ落とし誰かが歌うハンマーソング
皆アンタと話したいんだ同じ高さまで降りてきて

どんどん強くもっと強く
唄声響く傷みの塔
そのてっぺんにしがみついて
鼻をたらしてる神様

神様気分の俺様 俺様気分も逆様 どちら様




続いて2番は飴玉の唄

ご存知飴kの名前の由来の唄

この歌の中の『見えない神様 僕らは祈らない』
っていう歌詞
藤クンの名言

『神に誓うな、己に誓え!!!!』

から来てんでしょうかねw

神様信じてる人には悪いですけど
祈ってばかりじゃ何も始まらないですよね
何か行動を起こさなきゃ何も始まらない
まぁ当たり前なんですがね


    長いヶど歌詞pq

飴玉の唄

僕は君を 信じたから もう裏切られる事はない
だってもし裏切られても それが解らないから
どうか 君じゃなく ならないで

悲しい時 嬉しい時 どちらにしても ほら泣く
困るでしょうって更に泣く あんまり困らないよ
飴玉あげる

何光年も遥か彼方から やっと届いた飴玉だよ
そういう1ミリを繋いで 君と出会えた 僕がいるよ

見えない神様 僕らは祈らない
冷え切った君の その手に触れて 心を見たよ

聞けない事 言えない事 上手に話せなくて泣く
出ない言葉 強い気持ち 時間が足りないと言う

僕は 君と僕の事を ずっと思い出す事はない
だってさよならしないなら 思い出にならないから
さぁ ゆっくり下手な 話をしよう
言葉の要らない 話をしよう

何億年も遠い昔から お互い知っている人がいるよ
そういう1秒を紡いで 僕と生きている 君がいるよ

死なない神様 僕らは祈らない
咳をする君の 熱に触れて 命を知るよ

僕は君を 信じたけど 君が消えたらどうしよう
考えるよ止まらないよ 何も解らなくなる

いつか君と 離れるなら いっそ忘れる事にしよう
出来るのかな 無理だろうな 離れたくないな

僕は 君と僕の事を ずっと思い出す事はない
だって忘れられないなら 思い出に出来ないから

ねぇ 怖いよ 止まらないよ 上手に話せやしないよ
君は僕を 信じてるの 離れたくないな

見えなければ 死ななければ だけどそんなの君じゃないよ
僕は嫌だよ 君がいいよ 離れたくないな

飴玉食べた 君が笑う

勝てない神様 負けない 祈らない
限りある君の その最期に触れて 全てに勝つよ

見えない 死なない 僕らの世界で
その手に触れて 熱に触れて

僕も笑うよ 君と笑うよ

僕は君を 信じたから




オマケ
『藤クン名言集』

お前が「死にたい」と言って無駄に過ごした今日は
昨日死んだ奴が一生懸命生きたかった明日なんだ


心に鍵をかけてる人
かけすぎて人と話すのが苦手になったりしてる人
自殺をしようとした事がある人
俺はそのままでもいいと思うよ。
かっこ良いと思うよ。
でもどうか
生き延びてください。

自分がちゃんと物事をやってる時って人はさ、
温和でいられるけど、自分が何もしてない時ほど人が醜く見えるモンだから。


客の二酸化炭素は俺らの酸素なんだ

↑これゎ最高(’


↓こめへん
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

才脳人応援歌

この歌まさに今の俺ですね

欝です・・・ダレカタスケテry

【才脳人応援歌】



得意な事があった事 今じゃもう忘れてるのは
それを自分より 得意な誰かが居たから


ずっと前から解ってた 自分のための世界じゃない
問題無いでしょう 一人くらい 寝てたって


生活は平凡です 平凡でも困難です
星の隅で 継続中です
声援なんて皆無です 脚光なんて尚更です
期待される様な 命じゃない


唇から 零れ落ちた ラララ
ほんの少しだけ 大気を揺らした ラララ
とても 小さな声 唯一人が聴いた唄 ラララ


大切な夢があった事 今じゃもう忘れたいのは
それを本当に叶えても 金にならないから


痛いって程解ってた 自分のためのあなたじゃない
問題無いでしょう 一人くらい 消えたって


ファンだったミュージシャン 新譜 暇潰し
売れてからは もうどうでもいい
はいはい全部奇麗事 こんなの信じてたなんて
死にたくなるよ なるだけだけど


その喉から 溢れ出した ラララ
ほんの少しだけ 温度を上げた ラララ
とても 短い距離 その耳まで泳ぐ唄 ラララ


隣人は立派 将来有望 才能人
そんな奴がさぁ 頑張れってさぁ
怠けて見えたかい そう聞いたら頷くかい
死にたくなるよ 生きていたいよ


世界のための自分じゃない 誰かのための自分じゃない
得意な事があったこと 大切な夢があった事


僕らは皆解ってた 自分のために歌われた唄など無い
問題無いでしょう


唇から 零れ落ちた ラララ
その喉から 溢れ出した ラララ
とても 愛しい距離 その耳だけ目指す唄 ラララ


僕が歌う 僕のための ラララ
君が歌う 君のための ラララ
いつか 大きな声 唯一人のための唄 ラララ
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

今日の一曲

最近こういうのやってなかったですね。。。
たまにはやるとかいってたけど1回きりなってましたorz

というわけで今回はBUMPの『リリィ』をお送りしますb
このリリィという曲名。。。Fly君つくる時に名前の第一候補として
『リリィ彡』ってあったんですけど使われてましてw
今の『彡Flyby彡』に至ったわけでございますb
今となっちゃFlyにして良かったと思いますがねwww

それじゃどうぞ



歌詞~♪

スポットライトの下 自分を叫び唄った
思う様に伝わらなくて その度にこぼれる弱音を
「今はマズイ!」と慌てて その場は巧く隠して
真夜中鍵かけた部屋 膨れたポケット裏返すとほら

出てくる弱音の数 1日分想像つくかい

ところが君は笑った 幸せそうに笑った
当然僕は怒った「真面目に聞けよ!」って怒鳴り散らした
それでも君は笑った「かわいいヒトね」と言った
叫んでも唄っても その一言には勝てる気がしない

低いステージの上 必死で格好つけた
自分も人も上手に騙し 夢を見て夢を見せた
「大言壮語も吐いてやろう」そういう歌も唄った
心の中鍵かけた部屋 その歌がドアを叩き続ける

「出てこいウソツキめ!」と自分の歌に格好悪く脅されるんだ
ところが君は笑った「格好いいよ」と言った
これだけ僕が愚痴っても 僕の目を見てそんな言葉をくれた
「そういうトコロも全部かわいいヒトね」と言った
つくっても気取っても その一言には全て見られていた

ポケット一杯の弱音を 集めて君に放った
強がりの裏のウソを 放ったぶちまけた

終電を告げる放送 慌てて駆けて行く人
右手に君の左手 もう離さなきゃ
改札を抜ける時「最初で最後のヒト」
そんな言葉が浮かんだ 言わないで行くとしよう

最後に振り返ろう 確かめたいコトがあるんだ

やっぱり君は笑った 別れの傍で笑った
つられて僕も笑った「また会えるから」って確かめるように
やっぱり僕は唄うよ もう一度叫び唄うよ
今まで一度も使うことのなかった 言葉を混ぜて

スポットライトの下 低いステージの上
改札で言わなかった あの言葉にもう一つ言葉を混ぜて
こう呼ばせてくれないか「最初で最後の恋人」
この歌が部屋のドアを叩きに来たって 胸を張れるから



いい曲ですよねw
BUMPで好きな曲ベスト10に入ってるかもwww
自分にもこういう存在が現れてくれることを願いますww

スポットライトのしーたーry
spotto.jpg


@1枚追加しましたよん

メイポキャラ画
Home |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

ましゅー

Author:ましゅー
メイプルくぬぎ鯖にて絶賛停止中です。

どこに定住するわけでもなくいろいろなネトゲを放浪中。
だいたいはRevestかMasyuでいます。
見かけたら声かけてくれたらうれしいな(´・ω・`)

最近はMHFとAVAで活動中。

pixiv
http://www.pixiv.net/member.php?id=2350826
twitter
http://twitter.com/Masyu_R2153
分家ブログ(動画うp用
http://masyu2153.blog135.fc2.com/

宣伝コメ見つけ次第削除しちゃうのですよ。

榎本くるみ                     冒険彗星
twitter
Recent
Arcive
Comment
Category
FC2カウンター
FC2ブログランキング
LINK
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。